お昼寝ソフィストの部屋

将来は富山に住みたいものです。

翻訳:'To His Coy Mistress' by Andrew Marvell

恥じらう恋人へ

 

アンドリュー・マーヴェル

 

 

 わたしたちに十分な空間と、そして時間とがあれば

この恥じらいも、いとしい人よ、決して罪ではないのです。

そうであれば、腰を下ろして、どの道を行こうか

長い愛の一日をどう過ごそうか、考えましょう。

君がインドのガンジス川のそばで

ルビーを探して、わたしがハンバー川の

ほとりで託つというものいいでしょう。わたしは

ノアの洪水の十年も前からきみを愛するでしょうし、

きみが望むのなら、ユダヤ人の

改宗までわたしを拒んだっていいでしょう。

わたしの愛は野菜のように

帝国よりも大きく、それもゆっくり育つでしょう。

きみの両の目を讃え、額を見つめるのに

百年間を捧げましょう。

両方の胸に二百年ずつ捧げましょう。

だが、残りには三万年を捧げて

それぞれに少なくとも一時代は捧げましょう。

そして、この世の最後には心を見せてくれるでしょう。

いとしい人よ、あなたはこの敬意に値する人ですから。

それに、わたしにはなおざりな愛し方はできません。

 だが、わたしはいつも背後に聞いているのです。

時の翼のついたチャリオットが急ぎ近づいて来るのを。

そして向こうにはずっと、わたしたちの目の前に

広大な永遠の砂漠が広がっています。

あなたの美は、もう見つからないでしょうし

あなたの頭蓋の内にわたしの歌が

響くこともありますまい。それから、地を這う虫たちが

ながく守られてきた純潔を試しに味わうことになりましょう。

きみの古臭い貞操は塵あくたとなり

わたしの欲望も、すべて愛へと変わるでしょう。

お墓は立派で、人目につかない場所ですが

わたしが思うに、そこで抱き合うものはいないのです。

 だから今、若さにあふれた色つやが

朝のしずくのように、肌に残っている内に

そして、きみの魂がわたしを欲して

あらゆる孔から呼吸し、すぐに火をつける内に、

今のうちに楽しもうではありませんか。

そして今こそ、恋をしている猛禽のように

わたしたちの時を貪り食ってしまいましょう。

時がゆっくりと貪る力にやられて衰えていくよりましでしょう。

わたしたちの力すべて、愛おしさすべてを

一つの珠に丸めてしまいましょう。

そしてわたしたちの喜びを乱暴

鉄の命の門から引き裂いて出してしまいましょう。

こうして、太陽をじっとさせることが

出来なくとも、わたしたちはそれを進めることができるのです。

 

原文

www.poetryfoundation.org